胃・大腸

上部消化管(胃内視鏡検査)

上部消化管(食道、胃、十二指腸)の精査に関し、当院は可能な限り、最初から胃内視鏡検査を実施しています。
検査は予約制ではなく、絶食で来院して戴ければ、いつでも検査可能な体制をとっています。その理由は、有症状時が最も胃内視鏡検査をするにふさわしい時期だと考えているからです。

検査は、初めてでも苦痛なく楽に出来るように、鎮静剤を使用し、また胃内視鏡検査試行中、同時に所見の説明が出来るように、小さなモニターを患者様の前にセッティングして行っています。
施行後は、疾患の有無に関わらず、ポラロイド写真をとり、詳細にその説明をするように心がけています。

疾患としては、逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの良性疾患、胃がんなどの悪性疾患が対象となります。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍に関しては、積極的にピロリ菌感染の有無の検査を施行し、除菌治療を勧めています。
胃がんに関しては、内視鏡的切除術が可能かどうか、外科手術が必要かどうかの見極めをしっかりと行い、過不足のない治療を選択することが重要だと考えています。

胃カメラ希望の患者様へ

※ご希望の方はお電話下さい。予約制(火曜日は大腸検査のため人数制限をしております。土曜日は胃カメラの検査が、できない場合がございます。

朝食を取らずに来院して下さい。
他院にて薬を服用の方は、お薬手帳をご持参ください。(その中に血圧、心臓の薬を服用の方は、検査当日少しの水で飲んできて下さい)

下部消化管(大腸内視鏡検査)

下部消化管に関しては、地域医療に貢献できますように、市町村の大腸がん検診の精密医療機関として役割を果たすべく、大腸内視鏡検査を積極的に行っています。
前処置から検査まで、簡便かつ苦痛の少ない方法で施行しています。
良性の腺腫(ポリープ)、悪性腫瘍(癌)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎など)などが対象ですが、ポリープは可能な限り内視鏡で切除(ポリペクトミー)する方針としています。